会員規約

会員規約には、本サービスを使用するに当たっての
あなたの権利と義務が規定されております。

会計人法務サポート倶楽部会員規約

 

 司法書士法人トリニティグループ(以下「当社」という)は、当社が運営する会計人法務サポート倶楽部(以下、「倶楽部」という。)において提供する会員制コンテンツサービス(以下「本サービス」という)の会員に対する規約である「会計人法務サポート倶楽部会員規約」(以下「本規約」という)を以下の通り定める。

 

第1章 総則

第1条(会員組織)

  当社は、倶楽部の会員を募り、会員組織を構成する。

第2条(本規約の範囲)

  本規約は、倶楽部に会員として入会したものが、倶楽部の会員として行う一切の行為に適用される。

 

第2章 会員資格

第3条(入会)

  次の各号に掲げる全ての要件を満たした場合、倶楽部の会員となり、当社との会員契約(以下「本会員契約」という)が成立したものとみなす。

 (1)本規約内容に同意していること。

 (2)当社所定の申込み方法により会員としての申込みをし、当社の承認を得ていること。

 (3)会員及び会員と共同で事業を営むものが、司法書士または弁護士として事業を行っていないこと。

第4条(入会不承認)

  次の各号に掲げるいずれかの事由に該当する場合、当社は倶楽部への入会を承認しない場合がある。

 (1)入会申込書の申告事項に、虚偽の記載、誤記、記入漏れがあった場合

 (2)過去に当社から会員資格を取り消されたことがある場合

 (3)その他当社が、会員契約を締結することが不適当な事由があると判断した場合

第5条(会員の資格承継)

  会員が退会あるいは死亡した場合は、当該会員の会員資格は失われるものとする。

2 会員の地位の第三者への承継は一切できないものとする。

第6条(会員資格の取り消し)

  当社は会員が次の各号に掲げるいずれかの事由に該当すると認めた場合、会員たる資格を取り消すことができるものとする。

 (1)当社の名誉を著しく傷つける行為、又は会員としての品格を損なう行為があったと、当社が認めた場合

 (2)法令若しくは公序良俗に反する行為を行った場合

 (3)本規約及び本規約以外において当社との間で合意をした約定その他の事項に違反をした場合

 (4)本規約に基づき当社が別で定める規定その他の事項に違反をした場合

 (5)その他、当社が会員として不適格と認める相当な事由が発生した場合

 

第3章 本サービスの内容

第7条(本サービス及び利用料金)

  本サービスとは、当社が運営する倶楽部において提供する会員制コンテンツサービスであり、当社は本規約に基づき倶楽部へ入会した会員に対し各種サービスおよびコンテンツを提供する。

2 倶楽部への入会にあたり、入会金・年会費は無料とする。

3 本サービスのうち、当社が別途、利用料金を定めている有料のサービス、コンテンツの利用を希望する場合には、会員は当社所定の方法により別途申し込むものとする。

4 利用料金は当社の指定する口座(当社または第三者の名義を問わない)に振り込む方法その他当社が指定する方法により支払うものとする。

第8条(利用料金の払戻)

  会員が既に納入した利用料金については、その理由の如何を問わず、これを返還しないものとする。

 

第4章 本規約の改定

第9条(本規約の改定)

  当社は、会員に事前の承諾を得ることなく本規約を改定できるものとし、会員は予めこれを承諾するものとする。本規約改定後、会員が本サービスを利用した場合、改定後の本規約が適用される。

2 当社が本規約を改定した場合、当社ウェブサイト上の表示、電子メールでの配信等、その他当社が適切と判断する方法で会員に通知するものとする。

 

第5章 退会の届け出

第10条(退会の届出) 

  会員は本人の意思により自由に退会できるものとする。

2 所定の手続きに従い当社に届け出た後、当社での所定の処理終了後、退会するものとする。

 

第6章 その他

第11条(著作権)

  当社によって制作される著作物の著作権は全て当社に帰属する。

2 当社によって提供される著作物を、複製、編集、加工、発信、販売、出版その他いかなる方法においても、著作権法に違反して使用することを禁止する。

第12条(個人情報)

  次の各号に掲げる場合は、入会申込及び提出書類に記載された個人情報を、当社が利用又は第三者へ提供することができる。

 (1)当社の活動に関して使用する場合

 (2)法令等に基づく場合

 (3)人の生命、身体又は財産の保護の為に必要がある場合

 (4)国の機関若しくは、地方公共団体又はその委託を受けたものが、法令の定める業務を遂行することに対して協力する必要がある場合

第13条(免責及び損害賠償)

  会員は、当社の活動に関連して取得した資料、情報等について、自らの判断によりその利用の採否、方法等を決定するものとし、これらに起因して会員又は、第三者が損害を被った場合であっても、当社は一切責任を負わないものとする。

2 仮に当社が会員に対して損害賠償を負う場合であっても、その原因の如何に関わらず、当社は、間接損害、特別損害、遺失利益、ならびに第三者からの請求及び、軽過失に基づく損害について、予見の有無に関わらず、責任を負わないものとする。

3 会員が退会又は除名等により会員資格を損失した後も、本条の規定は継続して当該会員に対して効力を有するものとする。

4 会員は故意又は過失により当社に損害を与えた場合は、その賠償をする義務を負う。

第14条(本サービスの提供内容変更)

  当社は、当社の都合により、会員の事前の承諾なく本サービスの全部または一部を変更できるものとする。

第15条(本サービスの終了)

  当社は、当社の都合により、会員の事前の承諾なく、本サービスの全部または一部を終了できるものとする。

2 当社は、本サービスの終了により会員が被ったいかなる不利益、損害についても、理由を問わず一切の責任を負わないものとする。

第16条(通知)

  当社から会員への通知は、電子メールまたは電話もしくは当社ウェブサイトへの表示、その他当社が適切と判断する方法により行うものとする。

2 前項の通知は、会員が当該通知を受信または閲覧したか否かに関わらず、当社が当該通知をウェブサイト上の表示等、適切な方法で会員に情報を発信した時点で会員に通知したものとみなす。

第17条(条項等の無効)

  本規約の条項のいずれかが管轄権を有する裁判所によって違法又は無効であると判断された場合であっても、当該条項以外の本会員契約の効力は影響を受けないものとする。

第18条(訴訟管轄)

  本規約に関し、訴訟提起の必要が生じた場合には、東京地方裁判所をその管轄裁判所とする。

第19条(協議事項)

  本規約の内容について協議が生じた場合、又は定めのない事項については、信義誠実の原則に従い協議の上、円滑に解決を図るものとする。

 

以上